レポートを入手する

あらゆる形状とサイズのアーキテクチャのためのセキュリティ

2023 Gartner® ハイプサイクル™ アプリケーションセキュリティ


 

Thank you for your submission.  Your report access will be delivered to your inbox shortly. If you have access issues, please email thef5team@f5.com

組織は絶えず進化する脅威の状況に直面しており、変化する複雑なIT環境に対応するために、アプリケーションセキュリティを構成可能な視点で捉える必要があります。ポイントソリューションのセットに依存するのではなく、革新的なアプリケーションセキュリティコントロールを統合して、一貫した防御を構築することに重点を置くべきです。

このレポートでは、Gartnerが、ウェブアプリケーションおよびAPIの保護、ボット管理、クライアントサイド保護、クラウドワークロード保護など、クラウドベースの防御に重点を置いてアプリケーションセキュリティ分野がどのように再発明されているかを示しています。

この情報を活用して、組織のリスク許容度に応じたセキュリティおよび不正防止技術スタックを計画し、資産を保護し、財務損失を削減し、顧客のアカウントや情報を守ることができます。

このレポートを読むことで、以下についてさらに学べると考えています:

アプリケーションセキュリティにおける最新の動向とトレンド、予想される支出の増加、市場の成長、および規制活動を含みます。

アプリケーションセキュリティに関連するプロセスやツールの使用の変化、たとえば日常のセキュリティ活動における開発者やエンジニアの関与の増加や、クラウドネイティブアプリケーションへの移行など。

サプライチェーンに関する懸念の詳細と、それが現実の脅威としてますます認識され、規制当局が軽減を期待している方法。

レポート免責事項: Gartner, Hype Cycle for Application Security, 2022, Joerg Fritsch, 2022年7月11日。

GARTNERは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の米国および国際的に登録された商標およびサービスマークであり、HYPE CYCLEは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標であり、許可を得てここで使用されています。全著作権所有。

Gartnerは、研究出版物に描かれているベンダー、製品、サービスを支持せず、技術ユーザーに対して最高の評価やその他の指定を持つベンダーのみを選択するよう助言するものではありません。Gartnerの研究出版物はGartnerの研究組織の意見で構成されており、事実の陳述と解釈されるべきではありません。Gartnerは、本研究に関して、商品性または特定の目的への適合性を含む、明示的または黙示的なすべての保証を否認します。